子供のいじめ

いじめる子供のSOS

以前は、いじめられる子供と、いじめる子供の力関係がはっきりしていましたが、最近のいじめは、どの子供がいじめられる側、いじめる側になるかがはっきりと区別できません。
一人の子供どもが、いじめられる一方で、別の子供どもに対しては、いじめを行っている場合もあるというのが実情です。

また、ネットなどを使ったいじめが増え、複雑化しており、誰もが加害者にも被害者にもなりうると言えます。

いじめる子供にも、家庭の事情や学習能力、人間関係などで人知れず悩んでいることが多いものです。

いじめる子供の学校および家庭での行動に見られるサインを早く見つけることが、いじめ防止の第一歩と言えるでしょう。

◆いじめる子供のSOS

1.学校内の行動

・教師を避けようとする
・教師がえこひいきすると反発する
・教師から誤解されていると思っている
・自分は悪者扱いされていると思っている
・教師によって態度を変える
・不平不満が多い
・すぐむきになる
・授業中、物を投げる
・教室や壁に落書きする
・ガムや菓子供類を校内で食べる
・金の貸し借りをする
・言葉遣いが荒い
・クラブや部活動を楽しまない
・遠足や校外活動を楽しまない
・悪い友達が多くいる
・悲い友達のことをよく知っている
・友達が仲問はずれにするとよく言う
・なんとなく、すかっとした気分になれな
・他人は自分より幸せそうだと思っている
・内気な子供供や下級生をおどしたり、暴力行為を働いたりする

2.家庭での行動

・すぐ怒ったり文句を..‥つたりする
・ちょっとしたことて七頭にくる
・親の注意を聞かない
・親によく反抗する
・弟や妹を泣かせることもある
・我慢できない
・言葉遣いが荒い
・部屋か汚い
・朝起きられない
・朝食抜きで登校する
・遅刻が多い
・夜更かしをする
・トイレの時問が不規則である
・服装か派手になる
・忘れ物が多い
・よく買い食いをする
・金使いが荒い
・友達にもらったと言って、高級品を持っている
・秘密が多く、親に話さない
・外出をよくする
・友達からのメールを気にする

⇒子供のいじめを解決する方法はこちら

いじめる子供の原因

◆いじめる子供の原因

いじめる子供はなぜいじめをするのか、その要因を見てみましょう。

1.欲求不満と耐性の欠如

いじめる子供は、いじめられる子供と同様に悩んでいることも多いのです。
その悩みのはけ囗として、いじめをする場合があります。
両親の不和、親子供・兄弟姉妹関係の不和、親の離婚、家庭崩壊、受験戦争からの逃避など、人に言えない欲求不満があって、その不満解消策としていじめることがあるのです。

2.劣等感が強い

受験戦争の激化で学力不振だったり、家庭が不幸だったりすると、成績優良者や幸せな子供に劣等感を持つようになります。
その劣等感のはけ囗としていじめる子供もいるということです。

3.自己顕示欲が強い

人間は誰でも、人に認めてもらいたい、ほめられたいという「承認の欲求」があるものです。
人から認められないと、何かの形でつい目立ちたがるようになります。
自分は強い.仲間が多い.リーダーシップがある……など、
いろいろな形で自己顕示欲を発揮するようになるのです。
つまり、自分の存在を、ほかの人に認めてもらいたいのです。

4.思いやりの意識がない

他の人が困ったり、悩んだりしていても、助けようとか、そうしたことが起きないようにしようとか思いやる気持がない。
もしかすると、いじめる側の子供は、思いやりのある温かい人間関係を体験してこなかったのかもしれません。

⇒子供のいじめを解決する方法はこちら

 

サイトマップ