子供の非行

非行に走りやすい子供のSOS

子供の非行では、性的逸脱・盗み・万引き・校内暴力・薬物乱用などの反社会的行動がやや増えているという傾向にあります。
しかも、残念なことに重大な犯罪に至る非行が増えているという傾向も強いようです。

以前と比べても、「突然キレて行うもの」「凶悪・粗暴化したもの」「低年齢層によるもの」「明確な動機がないもの」などが増加していると言われています。

小・中・高校生における非行は、学校生活・家庭生活などでの子どもの行動をよく見ていると、早期に発見することはできるものなのです。
非行の兆しを早めに発見し指導することによって、かなりのケースで防止できるのです。

非行の早期発見の方法として、学校内の行動と学校外・家庭での行動から、そのSOSのシグナルを見てみましょう。

◆非行に走りやすい子供のSOS

1.学校内の行動

・変に格好をつけた態度を取る
・人をくったような態度を取る
・やたら隠語(ヤバイ、ヤサ、フケルなど)を使う
・投げやりな言葉遣いをする
・きざな服装をする
・髪の毛を極端な色に染める
・嘘が多くなる
・遅刻や早退をよくする
・予習や復習をあまりしない
・学業成績が著しく低下する
・不良じみた友達と遊ぶ
・残酷な描写の多い読み物を好んで読む
・喫煙・飲酒をする
・人とけんかしたり、争ったりする
・性への関心が強い
・つまらないことで腹を立てて乱暴する
・素直に返事をしない
・落ち着きがなく、物事を非常に気にする
・禁止されていることを平気でする
・不平不満をよく言う

2.学校外の行動

・外食をよくして外で遊ぶ
・夜間に外出したり、外泊したりすることがある
・年齢の違った友達と徒党を組みたがる
・喫茶店やゲームセンターなどに頻繁に出入りする
・金遣いが荒くなる
・残忍な行動を平気でする
・バイクを乗り回す
・服装が非常に変わっている
・異性の友達とよく遊ぶ
・動物を虐待する

3.家庭での行動

・親と話したがらない
・嘘が多くなる
・外出が多くなる
・変な友達が訪れる
・気分にむらがある
・メールに対して敏感になる
・腹が立つとあたりちらし、暴力を振るう
・行き先を告げないで外出する
・秘密を多く持つようになる
・親の知らない相手からの連絡が増える
・引き出しの中や本棚に、借りたもの、もらったものが多くある
・深夜まで自室でメールなどをして起きている
・服装が明らかに他の友達と違う
・日常の言動が乱暴である
・素直に返事をしない
・自分の部屋に親が黙って入ることを嫌う
・タバコを吸ったり、酒を飲む
・気にいらないことがあると、物を投げたりする
・自分のことを他人がどう見ているか、異常に気にする
・昼夜逆転の生活をする

このような行動が多いほど、非行化傾向は強いと言えます。外見からだけでも分かるようになれば、かなり非行化は進んでいることになるでしょう。

⇒子供の非行を解決する方法はこちら

 

サイトマップ