小学生の不登校

小学生の不登校の現状と学年別の原因について

小学生の不登校について現状をまとめ、さらに学年別の不登校の主な原因について解説しています。

■小学生の不登校の現状

文科省の2014年の調査
@ 小学校における不登校児童生徒数は、25,866 人(前年度24,175 人)で、在籍者数に占める割合は0.39%(前年度0.36%)
A 不登校になったきっかけと考えられる状況は、不安など情緒的混乱29.8%、無気力25.9%、いじめを除く友人関係をめぐる問題14.5%など。
B 学校内外の施設や機関等で相談・指導等を受けた不登校児童生徒のうち、学校外の施設や機関等で相談・指導等を受けた児童生徒数は38,059 人(前年度36,400 人)で不登校児童生徒に占める割合は31.0%(前年度30.4%)、学校内の施設や機関等で相談・指導等を受けた児童生徒数は59,916 人(前年度58,924 人)で不登校児童生徒に占める割合は48.8%(前年度49.3%)。

小学生の不登校は中学生以降に比べれば少ないですが、文部科学省による2014年度の小学校基本調査では全国で25,866 名となっており、決して看過できる数字ではありません。
これは全ての児童のうち0.39%が不登校という状態に相当します。

学年別に見ると学年が上がるほど不登校の児童が増加する傾向にあり、小学1年では1千人前後で推移している不登校字が、小学3年で2千500人前後、小学6年で8千人前後となっています。

ここから、思春期が近づくにつれて不登校リスクが増していく傾向を読み取ることができます。

■小学生の不登校の原因

小学校での不登校の場合、学年ごとで原因が変わってきます。
学年別に小学生が不登校に陥る原因を見ていきましょう。

お子さんが不登校の兆候を見せていないかを確認するために、代表的な原因を知っておくことは重要です。

小学校1〜2年

1〜2年生の場合、代表的な不登校の原因が環境の変化です。

今まで親と一緒に過ごすのがあたり前だった幼児が、長時間にわたって親と離れて過ごすようになるわけですから、多少の不安を感じている可能性があると考えられます。

また、幼稚園や保育園と違って「ルールの中で集団行動をする」という側面が強くなりますから、一定のストレスがかかることも否めないでしょう。

親と離れることに過度の不安を感じる分離不安、集団行動を苦手とする傾向が見られる場合、注意して動向を見守らなければなりません。

小学校3〜4年

徐々に情緒が発達していく3〜4年生時期は、対人関係や学習の遅れが原因となる不登校が起こりやすくなります。

徐々にグループが形成され、人間関係も複雑になってくるのがこの時期。

また、理科や社会といった科目が始まり、少しずつ勉強内容も難しくなってくるため、学習面での不安が生じやすくなるでしょう。

さらに、テストの得点がどのような意味を持っているかを理解し始め、自分と周囲を比較して一喜一憂する傾向も出てきます。

クラス替えをきっかけとして周囲になじめなくなったり、担任の先生との相性によって登校意欲を失ったりするケースもあります。

小学校5〜6年

思春期を迎え、2次性徴の発現によって心身ともに不安定になり始めます。

男女を意識しはじめることから人間関係がより複雑になり、勉強内容も全般にわたって難易度が上がってくるこの時期は、ちょっとした理由で不登校が始まる可能性のあるセンシティヴな期間と考えてください。

また、幼い頃のように「ただ親や先生に褒められて満足」といった単純な思考ではなくなってきます。

統制されることへの反発が生まれる、親の期待をプレッシャーとして受け取るなど複雑な思考を身につける時期でもあり、不登校リスクは急激に上昇します。

⇒子供の不登校を解決する方法はこちら

 

サイトマップ